こども文化研究所の仕事報告とマスコット狆の琴の日記です


by codomo_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:祇園祭( 14 )

宵宵山

今日の夕ご飯は屋台で。
いい匂いがしてきたので、膳膳漢の「しみだれ肉まん」、
八つ橋の「かき氷」、「お団子」を買ってたべました。
おいしかった〜^^。
でもFカフェの「賀茂なすバーガー」にも興味津々・・・
c0042081_152340.jpg



本当にこの時期の京都は暑いけど、
夏が来た!という感じがします。
四季っていいなぁ・・・としみじみ。
c0042081_1545995.jpg

c0042081_1554441.jpg

c0042081_1563652.jpg



「そうやって、二人だけでおいちいもの食べちゃって!!
いい子にしてるからあたちも連れって〜」さみちいわ・・・くすん。
あらあら、琴ちんには、金魚のお友だちが増えたのに。M
c0042081_1565834.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2008-07-15 15:14 | 祇園祭

鉾建てのはじまり

早いところでは、昨日7月10日から
車の行き交う中、鉾建てがはじまりました。
この時期の京都は湿度も最高に高く、
これぞ盆地気候という感じです。
鉾巡行で先頭を行く長刀鉾
c0042081_1932711.jpg



会社の前でも今日から鉾建て。
c0042081_1961743.jpg

くぎを使わずに縄で木材を固定する「縄がらみ」と言われる技法で、
最高25m、重さ10トン以上になる鉾を組み立てます。
c0042081_1963026.jpg



函谷鉾は随分できてきた感じ。
c0042081_19111847.jpg



月鉾。
c0042081_19114980.jpg


週が明けて14日(月)に出社する頃には、動く美術館と呼ばれる絢爛豪華な
鉾・山ができあがり、屋台もずらりと並び、宵宵山がスタートします。
楽しみです^^

[PR]
by codomo_chan | 2008-07-11 19:32 | 祇園祭

神幸祭

c0042081_19311023.jpg

↑担ぎ手が御旅所に御神霊の乗った御輿をお連れします
c0042081_19302381.jpg

↑御神霊の乗られる金箔張りの立派な御神輿
c0042081_19304846.jpg

↑御神霊に祈りを捧げます
c0042081_1931415.jpg

↑笙などの音色でお迎えしています

山鉾巡行の行われた17日に、15日の宵宮祭を経て
神霊をうつした三基の御輿と東若御座の神輿が16:00頃八坂神社を出発し、
法被姿の担ぎ手(三若、四若、錦の)1500人が氏子区域を巡行、
どしゃぶりの中、2時間以上かけて23:30四条寺町の御旅所に入りました。
今年は、外国の人を特にたくさん見かけました。
途中「キャンディキャンディ」と、法被姿のお兄さんが声に、
「何かな?」と思ってると、アイスキャンディを配ってくれました。
暑かったのでおいしかったです(^о^)
神様がわざわざ、人の住んでいるところにお出ましくださるのです。
ビルやマンションから見下げるとバチがあたります。
皆さん気をつけてくださいね。
このまま御神霊(神様)は、御旅所に花傘巡行の行われる24日まで滞在し、
夜遅くに八坂神社に戻ります(還神祭)。
御神霊を神輿より本殿に還したあと、28日の神輿洗を待って神輿の行事は終了です。
※神幸祭とは、神社の御神霊を3基の神輿(中御座→六角形*スサノヲノミコト、東御座→四角形*クシイナダヒメノミコト、西御座→八角形*ヤハシラノミコガミ)で御旅所に迎える神事のことです。(M)
[PR]
by codomo_chan | 2006-07-19 19:42 | 祇園祭

鉾建て

祇園祭の鉾建てが始まり、新町通は車両通行禁止になりました。
鉾は釘を一本も使わず、少しずつ縄で組み立てていきます。
この縄の結び方「雄蝶」「雌蝶」「えび結び」はとても美しいものです。
縄だけで、何トンもの鉾を支えるなんてすごいなぁ・・・と、
職人さんの手さばきを見ながら、毎年感心しています。
今年の祇園祭は、宵々々山が14日(金)、宵々山(土)、
宵山(日)、鉾巡行(月・祭)ということで例年以上の人出?かも。(M)
c0042081_17561413.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2006-07-11 17:56 | 祇園祭

還幸祭

24日(日)に、17日の神幸祭で御旅所に移ったお神輿が
町中を一周して八坂神社に戻ります。
これで、ほぼ祇園祭の主要行事が終了しました。

携わっていた方に聞くと
「この神輿の神様は、スサノオノミコトで
本来ならお参りに行かなくてはならないところを
わざわざ、ご神体が出てきてくれている。
マンションから見下げたりしてると罰があたる。
きちんと手を合わせて拝まないとあかん」とのこと。
還幸祭は初めて見ましたが、お神輿、神々しかったです。
きちんと手を合わせて拝みました。(M)
c0042081_1921963.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2005-07-27 19:02 | 祇園祭

7月17日山鉾巡行

動いている山鉾は、夜提灯を灯し鐘を鳴らしている時とは
全く違う美しさ、迫力があります。
人が乗り、掛け声と共に引き回す様は本当に素晴らしいです。
巡行を終えて戻ってきた放下鉾の胴掛の下の綱は
鉾を支えているもので、縁起が良く、厄除けにもなると聞き、
「ください」って言ってもらっちゃいました。
c0042081_17452854.jpg

でも、巡行は全部見よう!と毎年思いながら寝過ごしてしまい、
未だ願いは叶いません。
祇園祭の行事は7月末まで続くので、
24日の花笠巡行も一度見てみたいのですが・・・。(M)
c0042081_1745786.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2005-07-20 17:46 | 祇園祭

八幡山の左甚五郎作の二羽の鳩(7/15日記参照)を象して作られた土鈴。
雌雄一対の鳩は夫婦和合のしるし、鳩笛は夜泣き封じです。
かわいくて人気です。
c0042081_1918308.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2005-07-19 19:18 | 祇園祭

宵山

う〜ん、ものすご〜い人人人人・・・です。
予想通り殺気すら感じられます。
宵々山でさえ40数万人の人出だとか。
私も今日は会社に来るつもりはなかったのですが、
お仕事もあったし、
金魚すくいのかわいい金魚がちょっと心配で来ちゃいました。
水泡眼、らんちゅう2匹、茶金、黒&キャリコ出目金、丹頂、オランダ
らんちゅう(内1匹)と水方眼は8㎝くらいあり、
体型の整った金魚すくいとは思えないほど素晴らしい子です。
でも・・・黒出目が・・・既にあぶない。
お水換えをして薬浴はさせたけど・・・。無事を祈る。

せっかくなので、下の喫茶で鉾見ながら暑中ハガキ書いて
夕ご飯食べて帰ろうかな。
[PR]
by codomo_chan | 2005-07-16 18:06 | 祇園祭

宵々々山

宵々々山なのに、昨日の人出はすごいかった〜〜。
20万人の人出だとか。
週末は、どうなることでしょう。
昼間はバタバタしていたので、夜少しだけ
琴を連れて行こうと思ったのに、鉦の音を恐がり
連れていくのを断念!
浴衣買ったし、今日のお昼間に連れ出そうと思ってます。

この時期は、商家などが秘蔵の屏風などを展示していたり
大安売りをしていたりで、いつもの通りも賑わいをみせます。
夜店だけでない楽しみがいっぱいあるのも祇園祭のよさ。
人混みに耐えられれば・・・の話ですが。(R)
c0042081_11175265.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2005-07-15 11:17 | 祇園祭

放下鉾試運転

放下鉾が完成して、試運転をしました。
ちょうどR&琴とランチに行った帰りに遭遇してしまい、
帰る場所が同じ所(会社の真ん前)なので、自転車をおして
車輪の横について帰ることに・・・。
琴はバッグの中で大きなお囃子に怯えていたことでしょう。
ちなみに今年の祇園祭の総人出は90万だとか。
三連休ですものね。例年の2倍?
京都市の人口が140万人なのに・・・。
やっぱり私達は、ゆっくりお昼時に町屋で
この時期開放された古美術などを見ながら楽しもうと思います。
今日から鉾の上でお囃子が遅くまで鳴りお祭り気分を盛り上げています(M)
c0042081_20165874.jpg

[PR]
by codomo_chan | 2005-07-13 20:17 | 祇園祭